fc2ブログ
ブリュッセルで宿泊した
ラディソン レッド ブリュッセルは、
鉄道駅のブリュッセル・ルクセンブルク/
Bruxelles‐Luxembourg駅
から歩いて4分ほど、
バス停も歩いて1~2分、
地下鉄駅には歩いて10分ほど
という割と便利な立地でした。

外観はいたってノーマル
2022BRU_Hotel (1)
二つのビルの間にエントランスがあり、
向かって左の1階はレストランでした。

入口をはいると、控えめな照明のエントランスホール
2022BRU_Hotel (3)
ゲーム台や大きなテーブルがあって
カジュアルな雰囲気です。

特にレセプションカウンターのようなものは無く、
大きなテーブルの所にスタッフさんがいらして、
チェックインやチェックアウトだけでなく
コンシェルジュ的な役割も果たしていました。
カウンター越しではないので、
気楽に話したり頼みごとをしやすくて
フレンドリーなサービスが心地よかったです。

2022BRU_Hotel (2)

4階でエレベーターを降りると壁いっぱいにマンガが (°_°)
2022BRU_Hotel (4)

そして部屋番号も扉いっぱいにドカンと表示されています
2022BRU_Hotel
すごく分かりやすいですね。


中に入ると、大胆な柄の壁 w(゚o゚)w
2022BRU_Hotel (5)
壁の赤いフックも
シカの角のようで可愛いですね。

部屋の奥は半円形の出っ張りになっていて
そこに半円形のソファーと大きなテーブル
2022BRU_Hotel (6)


このソファーと広いテーブルは
使いやすくて、何かと便利でした。
2022BRU_Hotel (7)
右手に見えるモノクロの家具はクローゼット

扉を開けると、逆に真っ赤!
2022BRU_Hotel (8)
アイロンセットや傘、バスローブなどが用意されていました。
右側には、ミニバーやセーフティーボックス
それに冷蔵庫もありました。

2022BRU_Hotel (9)
カプセル式のコーヒーやインスタントコーヒー、紅茶、ココアなど

珈琲マシンがありましたが、
水タンクに2センチほど水が残っていて
見るからに使いかけ。
残念ながら使いませんでした。

でも電気ポットは綺麗だったので
問題なく暖かな飲み物をいただくことができました。
翌日には、飲んだ分の珈琲や紅茶などは補充されていました。


冷蔵庫にはガス入りとガス無しの
ミネラルウォーターが1本ずつ
2022BRU_Hotel (11)
これは初日のみで、
2日目以降に補充はありませんでした。


2022BRU_Hotel (10)


最初は、ちょっと圧を感じる壁紙だなあと思っていましたが、
2022BRU_Hotel (12)
すぐに慣れ、赤と白のコントラストの効いたデザインに
気分が上がる感じもしました。


ダイヤル式の電話!
2022BRU_Hotel (13)
逆に、新しい感覚なのね。

部屋の奥から入り口とバスルームの入り口を見たところ
2022BRU_Hotel (14)


こちらは白いタイル張りでシンプル&コンパクト
2022BRU_Hotel (15)


バスタブは無く、シャワーのみ
2022BRU_Hotel (16)
シャワーブースには扉やカーテンが無く
シャワーの水がダダ洩れ (;'∀')
非常に気を遣うシャワーブースでした。

ヘアドライヤー完備
2022BRU_Hotel (17)


アメニティは、ヘアキャップ、ローション?、ウェットティッシュのみ
2022BRU_Hotel (18)


窓がカーブしているだけでちょっと優雅な気分になります♪
2022BRU_Hotel (19)


右手のホテルの向こうに見える
ガラス張りの建物の地下に鉄道駅があります
2022BRU_Hotel (20)
部屋は大きな通りに面していましたが
それほど騒がしくなく、快適に過ごすことができました。



*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*
当ブログをご覧いただきありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。
このバナーをポチッとクリックしていただけると嬉しいです♪


いつも応援ありがとうございます!
*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*





スポンサーサイト



2022.07.23 Sat l 2022 ベルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top